真面目にメンタル系 本当に救われる動画集その①

2019年1月5日

こんにちは、急に冷え込んだ年末、みなさん元気に過ごしてますか?

長期休みを生かして海外に行く方がいて羨ましいなと思う一方で、ここぞとばかりに動画を見ているlattyです。

私は毎日平均で5時間以上、youtubeを見ているのですが、今日は私が2018年で、鬼リピートした動画を紹介します。

山本太郎さん(政治家)

私はyoutubeを見るようになり、山本太郎さんの話を見るようになって、政治に関心を持ちました。

それを周りに言いたいけど、「Lattyさんって左翼だね」って言われた事がちょっとだけショックで、政治的な事ってハードル高いんだなぁと今は、こっそり視聴してます(笑

堂々と話せる国になって欲しいし風潮になって欲しいです。

これは、最近決まった労働法だったか、移民法だったか、
入管法だったか、とにかく・・・
決まったらヤバい法案の1つ!

低賃金競争を許す法案の最終投票ですね。

山本太郎いっけーーーーーーー(゚∀゚)!!!いいぞいいぞ~!

政治に興味を持ってから、よく国会で通る法案を見ると、
水道民営化、高プロ、移民法、種子法・・・・

なんか生活がどんどん苦しくなるような法案がポンポン決まってしまい、、、、

あれ??私達の税金って???

生活に直結する部分が削られてるんです。
年金の受給額の延長、障害年金の打ち切りに続き、
学童の先生は1人でOKとか、消費税を増税させるとか、

運転税?(長時間運転する場合に、課税するとか)
もう無茶苦茶じゃないですかね・・・(´・ω・`;)

なんで国会の人って、日本が苦しくなるような法案を、バンバン通すのか!?

詳しくない私にすら、日本がここからよくなるビジョンが見えず、賢い人は海外に逃げるのが通説になってます。

とはいえ、政治って無関心の人が多くて、日本が変わるのにまだまだ時間がかかりそうなので、山本太郎さんを応援しつつ、日本脱出や自分を変えるほうが早い気がします。

街頭演説もよくやってるみたいです。どれも分かりやすいです。

わざわざ足を止めなくて、温かい部屋でゆっくり聞けます。

動画で、国会とか政治とか難しい事を分かりやすく知る事ができたり、
ちゃんと考えている大人がいることを知れるのは素敵な事ですね(´∀`)

 

新宿オーピー廣瀬クリニック(医者)

この先生も大好きです。

特にこの動画で子どもの自殺や、それを取り巻く環境や状態について語ってくれてます。

はっとさせられる言葉がたくさん散りばめられています。

9:40~
小児のガンなんかは、ずいぶん研究が進んでて、大学病院や、大きな病院に専門の先生がいて、

それに対して対処の方法もしっかりして、

不慮の事故も、救急体制なんてのはどこいっても、しっかりして、
田舎で事故にあってもヘリコプターが来てくれて、手厚く対策は練られているけど

小学校中学校にかけて、子供が自殺をするといっても、

大人が本気で対処しているように見えない。

本人が最後の自分の気持ちを表す中で「虐めにあった」って言うんだけど、、、
その言葉の重みとかまともに受け取ろうとしていない。
<略>

大問題なのに、関係する人が心からギクッとしなければいけないのに。

ほとんど、それを第一声でコメントする人がまずいない。・・・「虐めはなかった」と。
マニュアルあるのかな。

 

小児がんで、白血病で死んだっていうと、みんな、あぁ若い命なのに、

かわいそうだったねってほとんどの人が言えるんでしょうね(略)

肝臓移植になったら・・・・、もっと慎重になるべきだと、論議があったりで、

医療は1人の命を救うために、一見進歩して

どんどん進化しているけど、(略)

どうして心の病になると、そうゆうふうに考えないんだろう。

 

体だって、心だって、病めば、子供死んじゃうんだって。

 

自己責任だとか、生存競争とか、厳しい中で生き抜いていくしかないんだよって、
まったくもって優しさのない関係性に、発展していってるんだろうなと。

先生の話は、まったくもって真っ当なので、
ぜひたくさんの人に聞いて欲しいです。
すべての動画が大好きです。

次回は、
カミトモさん(カウンセラー)

ひろゆきさん(2ch創始者)の紹介予定です。

ひろゆきさんの話が優しすぎて、泣いたlattyでした(´∀`)ではまたノ

Amazon.co.jpで買う
論破力 (朝日新書)
  • ひろゆき
  • 価格   ¥ 875
  • 販売者 Amazon.co.jp
クリックして今すぐチェック
働き方 完全無双
  • ひろゆき
  • 価格   ¥ 1,404
  • 販売者 Amazon.co.jp
クリックして今すぐチェック

おススメ

Posted by latty