ホロスコープ(西洋占星術)

まずはここから!ホロスコープチャートの作り方

こんにちは。占い大好きブロガーLatty()です。

まずはこれがなくっちゃ始まらない!ということで、

ホロスコープチャートを作りましょう!

チャートとか、出生図と言う人もいるよ。

まずはここからホロスコープチャートを作成しよう!

ここが便利です。海外のサイトですが、ビビらないで作ってみましょう~!

ASTRODIENST (https://www.astro.com/)

アストロ.ドットコムと勝手に読んでます(笑)

クリックするとリンクに飛びます。

PCサイト推奨です!

最初にやろう言語設定

まずは開いた最初のページで右上の言語設定を変えます。

デフォルトの「en」から「日本」に変えましょう。

だいぶ見やすくなりますね。

 

出生データによるさらなるチャート選択

言語を変えると、あ~ら不思議。

画面が切り替わって、下記のようになります。

画面の左側にある

「出生データによる、さらなるチャート選択」をクリックしましょう。

cf.もし下に出てこなかったら

たまに出てこないタイミングもあるんですよ。

その時は、TOPページから行きましょう。

選択メニューにある

「無料ホロスコープ」⇒「出生データによる、さらなるチャート選択」

 

 

まずはゲストでトライアル

この画面に行きつけばOKです。

登録不要のゲストユーザーで使えるので、ここで一回試してみましょう。

出生データの入力方法

上から順に入れていきましょう。

①名前   ②性別  ③生年月日

④出生時間  ⑤国   ⑥地域

 

国の選択する時に、キーボードの「J」を1回ポンとタイピングすると、すぐJapanが見つかるよ

出生地は、地域名をアルファベットで打つと、

候補が出てくるので、一番近いものを選んでね。

入力が終わったら続けるボタンをクリック!

出生図を標準で表示してみる

次にこの画面に飛びます。

ここでは、どんなチャートを表示するかを聞かれます。

まず初めての方は

チャートタイプ:出生図

チャート表示様式:標準のチャート様式

この組み合わせを選んでみましょう。

もう少し詳しい方で、小惑星を表示したいとか、

詳しいアスペクトを調べたい時もこの画面を使います。

       選択したらクリック

出来上がり!ホロスコープチャートの完成!

できましたーーー!これがあなたの生まれた時の天体図です

下の方に、アスペクト一覧の表や、何やが色々出てますが一旦おいておき。

ここではLattyLattyさん 12:00生まれで作りました。

でも実はこの人、生まれた時間が23:20分だったのですΣ(´∀`;)

 

そんな時は・・・!右上のデータ編集をしましょう。

すると、なんとこんな感じに・・・・・

最初は上に固まってるけど、今度は下に集まってるね~
生まれた時間で全く違うクマ~!!

そうなんです・・・!!!

生まれた時間が違うと、かなり変わって来るのですよ!

時間が分からない時には、真ん中をとって12:00で出すのが

占い界隈での常識です。

でも夜中の生まれだと、半日違う訳です。

結構変わってきますね。

皆さんも可能なら、ぜひぜひ生まれた時間を調べてから作ってみてくださいね!

上手くできなかったら、コメントで聞いてね^^